三栄技研株式会社

お問い合わせ

冷却水循環装置でお客様の装置をサポートします。

フロン排出抑制法について

2015年4月にフロン排出抑制法が施行され、点検が義務化されました。
三栄技研では、冷媒フロン類取扱技術者が定期点検を実施いたします。
冷却水循環装置において、点検をご希望の方はお問い合わせください。


フロン排出抑制法について

  

フロン排出抑制法が2015年4月に施行されました。
第一種特定製品の管理者(ユーザー)は、装置の点検や漏洩報告といった
役割を担うことになりました。管理者には、大きく4つの役割があります。

  管理者の4つの役割
   1. 適切な場所への設置等
   2. 機器の点検
   3. 漏えい防止措置、修理しないままの充填の原則禁止
   4. 点検等の履歴の保存等

1)装置の簡易点検・定期点検の義務化

種別対象機器圧縮機の定格出力点検者点検頻度
簡易点検すべての第一種特定製品管理者・ユーザー
専門業者に委託可能
3ヶ月に
1回以上
定期点検エアコン7.5kW以上50.0kW未満有資格者3年に
1回以上
50.0kW以上1年に
1回以上
業務用
空調機器
7.5kW以上

2)漏えいを発見した場合
速やかな漏えい個所の特定及び修理を実施しなければいけません。
フロン類の漏えいが見つかった際に修理をしないでフロン類を充填することが原則禁止となりました。 フロン類の充填や修理に際して、専門家(十分な知見を有する者)以外の実施は禁止です。

3)記録の保持、算定漏えい量の報告
機器の点検・修理やフロン類の充填・回収等に関する履歴の記録・保存する必要があります。一定量以上漏えいした場合は報告が必要です。
記録については機器を廃棄するまで保存しなければなりません。
記録簿の様式は任意で、標準的な漏えい点検記録簿があります。

4)管理者(ユーザー)の準備
①対象装置のリスト作成
②対象装置毎に、封入冷媒の種類・充填量・圧縮機の定格出力を確認
 ※メーカー・型式・取扱説明書・図面などで参照ください。
③定期点検・簡易点検の計画書作成

※専門家・十分な知見を有する者とは、下記のような者をいいます。
高圧ガス製造保安責任者、冷凍空気調和機器施工技能士、冷媒フロン類取扱い技術者など。 また十分な実務経験を有し(日常的に冷凍空調機器の冷媒充填に3年以上携わってきた技術者)、かつ充填に必要となる知識等の習得を伴う講習を受講した者。


5)罰則について
以下のような場合、管理者に罰則が科せられます。
①フロンをみだりに放出した場合 → 1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
②上記1)~3)に違反した場合 → 50万円以下の罰金

くわしくは、下記サイトでご確認お願いします。

[参考] フロン排出抑制法関連サイト

経済産業省 オゾン層保護等推進室
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/ozone/

環境省 フロン等対策推進室
http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/kaisei_h27/

日本冷凍空調設備工業連合会
http://www.jarac.or.jp/
日本冷凍空調工業会
https://www.jraia.or.jp/
日本冷媒・環境保全機構
http://www.jreco.or.jp/



三栄技研株式会社

点検・修理




ページのトップへ戻る